ホーム>カウンセラー煌野華子のブログ>お知らせ>5/10・6/7・7/5・シータヒーリング説明会&体験会
お知らせ

5/10・6/7・7/5・シータヒーリング説明会&体験会

シータヒーリング説明会&体験会

5/10(日)13:00~16:00   終了
6/  7(日)13:00~16:00   終了
7/  5(日)14:00~16:00
 
当座間サロンにて     小田急線座間駅/JR相模線入谷駅より徒歩12分
 (詳細は、お申し込み後お知らせします)
参加料 3,000円
定員  6名限定
   平日ご希望の方はお問合せください。
 
※実践会を選択して、日時を 5/10 または6/7、7/5 としてください。
 
 
 
 
シータヒーリング創始者であるヴァイアナからの4月に受け取ったほやほやメッセージ&エッセンスを感じでいただきます。
シータヒーリングがどんな感じか知りたい、そもそもシータヒーリングって何?などなどにお応えします。
 
 
参加者の方おひとりおひとりに、ワンポイント体験していただきます。
ヒーリングだったり、ボディスキャンだったり、気持ちを整えるヒーリングだったり、シータヒーリングでできることをその場で体験していただきます。どんな体験になるかは当日のお楽しみです。
 
 
 
ほっとした感じを味わえるかも。
あったかい感じを味わえるかも。
胸いっぱいな感じを味わえるかも。
へぇ~って感じを味わえるかも。
すっきりした感じを味わえるかも。
 
 

ヴァイアナのシータヒーリングの特徴

ヴァイアナのシータヒーリングはヴァイアナによって開発されたもので、すべてなるものにつながることで、身体的、精神的、感情的、霊的のすべてのレベルに自分自身で働きかけられるセラピーです。ヴァイアナのシータヒーリングで最も良く知られているのはその思い込みへの働きかけと感覚感情の創造でしょう。思考の核のレベル、遺伝レベル、歴史レベル、魂レベルの4つのレベル全てに働きかけることができます。感情には毒のようなものがあり、それが病気の原因となっているということは、科学的な証拠も見つかってきています。感情や感覚、思考のパワーといったものが肉体的な健康に直接的な影響を与えているということに人々は気づき始めたため、心を帰ることで身体の健康を得ようということへの関心が飛躍的に高まってきています。

 

思い込みと感覚感情のワークでは、ネガティブな感情や感覚、思考をポジティブで役立つものに置き換えることができます。ヴァイアナのシータヒーリングが"あなたの人生に実現可能な奇跡"と呼ばれるのはこのためです。

ヴァイアナのシータヒーリングは存在の7層というコンセプトでも良く知られています。これはより高次の愛、すべてなるもののエネルギーとつながるということです。このコンセプトで進めるからこそ、プラクティショナーは最高にクリアな智慧と愛を受け取ることができるのです。

ヒーリングは、すべてクライアント様の許可をいただいて行ないます。
シータヒーリングは宗教ではありません。思い込みを変えて良心のままに生きるためのテクニックです。

 

ヴァイアナのシータヒーリングで何ができるのか?

基礎DNAセミナーや応用DNAセミナーで学ぶ内容から抜粋して紹介します。この他にも様々なテクニックがあります。

夢見状態(シータ脳波)へ誘う瞑想・ヒーリング・ リーディング ・思い込みへの働きかけ
感覚感情のダウンロード・ 守護天使・ 守護動物 ・浮遊霊 ・サイキックアタック
ソウルメイト引き寄せ・ 魂の置き忘れ・ 夢や願いの現実化 ・将来のリーディング
DNAの活性化・ 浮遊記憶 ・傷ついた魂の再生・ 胎児のヒーリング・先祖のリーディング
無機物の浄化 ・ハイアーセルフと話す・ 植物の世界のリーディング ・ハートソング
 

※以上の説明は、シータヒーリングオフィシャル日本語サイト シータヒーリングジャパンより抜粋されました
 

 
あなたの直観力を磨いたり意識のアップに是非!
 
 
ヒーリングに興味のある方
ボディワークをお仕事にされている方
人を相手のお仕事をされている方
人間関係をよくしたい方
家族ともっと仲良くなりたい方
自分ともっと仲良くなりたい方
自分の心の声を聞きたい方
充実した毎日にしたい方
元気になりたい方
ソウルメイトに出会いたい方
豊かになりたい方
ざっくり、もっと幸せになりたい方
 
 
シータヒーリングがお役にたちますように!
 
心理学ワークもまじえて、わいわい楽しい会を企画しています。
ご参加お待ちしています。
 
 
※実践会を選択して、日時を 5/10 または6/7、7/5としてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.izumihealing.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/157