ホーム>カウンセラー煌野華子のブログ>人生を変えたい

人生を変えたい

心理セラピーって どんな感じですか?

期することがあって 何かを解決したい・よくしたいと思ってみなさんセラピーを申し込まれます。 
人によってはすがるような思いで申し込まれます。
 
いずれにしても、セラピー受けることを決めたのですね。
 
 
申し込んだ時点で必ず何かが始まります。
 
 
 
煌野華子の心理セラピーは、お話しいただくことが中心です。
限られた貴重な時間ですから何をお話しするかきめておかれるのもいいかもしれません。
けれど、心が動揺していたり疲れていたりとっ散らかっていたりして何を話すか考えられない・考えたくないときもあるかもしれません。
それならそれで大丈夫です。
 
その時に思いついたことを思いつくままに
話してみてください。
 
お話しいただくことは、困っていることやいけないと思っていることや苦しいと感じていることなどです。
話すことでいろいろな不要なものを放していただけたらと思います。
 
何度か話していくうちに、ふと気がついてきます。
今まで自覚してなかったものに。
 
自然に無理なく 内なる自分と対面できるようになります。
 
 
 
 
 
放していくこと、それと同時に
今現在起こっている解決したいことへの現実的な対応について触れていきます。
 
これも 無理のない範囲で、新しい視点を持てるように言葉かけをしていきます。
ある時は知識として、ある時はきっかけとなるように応じていきます。
 
 
 
これまでの自分からの解放と、
これからの人生の創造
 
 
あなたは
何がほしいですか?
何をしたいですか?
どんなふうになりたいですか?
 
 
 
煌野華子の心理セラピーがお手伝いします。
座間サロンは 海老名・厚木・橋本・町田・横浜からアクセス便利です。
県外からのスカイプでのセッションもふえてきました。
 
対面・スカイプともに 90分 15000円
 
 
 
お申込みください。
こちらからどうぞ  24時間受付
 
もしくは、 ☎ 09041715347  まで
  9:00 ~ 20:00 受付
(セッション中・移動中は出られませんので留守電に要件をお願いします)
 
 
 
 
 
 
 
 

人生は決断の連続

心理セラピスト 煌野華子(おうのはなこ)です。

 

決めるって本当は軽やかなこと
 
重くなるのは、
考えないでいいことをあれこれ考えて
不安になったり自信がなくなったり信じられなくなったり
過剰な期待をもったりプレッシャーを感じたりするから。
 
 
事実確認だけしたら
あとは
心のまんなかにつながろう
 
素直になればいい
 
 
そうしたら、決めるも何も そうなってしまうから。
 
 
そうしたら、
決めたこととやることにぶれがなくなるから。
 
 
人生は、決断の連続
心のまんなかにつながった人生 あなた自身の人生です。
 
 
 
心理セラピーで
心のまんなかにつながるお手伝いをしています。
 
煌野華子の心理セラピー 90分 15000円
 
神奈川県座間市 座間サロンは 女性向けサロン(男性はスカイプのみ)
小田急線座間駅・相模線入谷駅より徒歩10分
橋本 町田 厚木 茅ヶ崎 横浜 大和 などからアクセス良好です
東京から通ってこられている方もいます。
出張は 要出張費(交通費実費)
 
お申し込みは こちらから
または 09041715347 までお電話ください。
(移動中・セッション中は出られませんので留守電にお願いします)
 

悪口を言ってはだめ?

 心理セラピーでは悩んでいることをお話しいただきます。

悩みの大半は人間関係です。
 
それで、あの人がどうだとかこうだとかいう話も出てくることになります。
たとえばこんな感じ・・・。
 
 
clubclub.........................................。
 
そんなあの人の話をしようとして、はっとなったクライアントさんがいました。
「これって悪口ですよね。いいのかなぁ・・・。」
 
 
ひとの悪口を言ってはいけない
ひとに悪い行ないをしてはいけない
言ったりしたりすると自分に返ってくる
とか、よく言われますよね。
 
 
悪口ってたとえばどんな?
 
 
あの人は人間がちっちゃいんですよ。意地悪なんです。高圧的なんです。いやなんです。
あ、言っちゃった。
 
 
それを、今まで誰かに言ったことある?
 
ないです。(>_<)
 
clubclub...........................................。
 
 
 
まずは、心の中にためていたものを出してしまいましょう。
言葉で出していくと、自分の言葉で自分の心を自覚できるようになりますし。
思った以上に激しく怒っていたり思いがけず恨んでいたり傷ついていたりしているかもですね。
鈍感になることでなんとかやり過ごしてきたかもしれません。
 
問題解決は現状認識から、です。
 
 
それでね、悪口をいうと自分に返ってくるっていうことですけれど、
口に出さなくてもすでに思っているんですものね、言っても言わなくても同じことです。
「目は口ほどにものを言う」って諺がありますけれど、口に出さなくてもマイナスな感情って結構伝わるものです。
 
マイナスな話しをする相手や場所は選ぶべきとは思いますが、話すは放すです。
自分の気持ちに見て見ないふりをしたりふたをしたりなかったことにしたりする(習慣がある)ようでしたら、心のなかにはマイナス感情がたまってそれは苦しいことでしょう。
マイナスな気持ちを胸にいだいたままだと、マイナスな気持ちのフィルターで相手に接するのでマイナスなことが起こる。つまり自分に返ってきます。
 
 
心理セラピーの場は、言葉で話して放す場です。
言葉に出すうちに、気持ちを自覚するようになって、ひとつ気持ちに気がつくとその奥の気持ちに気がつくようになります。するとそのまた奥の気持ちに気がつくようになります。
心のねっこ、心のまんなかにつながるようになります。
本来の感性を持てるようになります。
そうすると変わってきます。
 
 
 
心理セラピーでは、心のままに話していただいていいんです。
安心してお話しください。
この「心のままに」がなかなかむつかしかったりします。
いろいろな価値観や制約を持っていますから。
先ほどの、「悪口を言ってはいけない」みたいにね。(>_<)
その無用な価値観や制約がなんとかなっていくのも、心理セラピーです。
(クライアントさんご自身がなんとかしていくんですけれどね)
 
いろいろな自分に気がついて、OK出せるようになっていきましょう。
お手伝いします。
 
対面 スカイプ(電話)とも  90分 15,000円 
人間関係をよくしたい、変わりたいと思ったら、華子の心理セラピーをお申込みください
 
 
 
 
 
 
 
 

どうしても放っておけないの

どうしても放っておけないの・・・
どうしたらいい?って相談されました。
 
どうしたらいいと思う?
 
 
余計なお世話と思いながら、
自分の役目ではないと知りつつ、
そんな義理もなく、
頼まれたわけでもないのに、
心配になって、
気の毒になって、
いらっとして、
 
気がついたら
口を出したり
手を貸したり
 
 
それって、どういう心理からだと思う?
 
 
優しくしたい(なければならない)
人の役にたちたい(たたなければならない)
自己主張を通したい
自分の思い通りにしたい
相手を大人扱いしてない
相手を信頼していない
相手を下に見ている
相手を対等に思いたくない
相手を尊重してない
相手より機転がきく
相手より能力がある
 
 
いろいろあるわね~
あらあら、相手のことばっかりね。
 
 
その人のことはその人が考えたらいい
その人のことはその人が決めたらいい
 
あなたが自分で考えたり決めたりしてもいいようにね。
 
相手が、
もしかしたらうまくいかないかもしれないけれど
もしかしたら失敗するかもしれないけれど、悲しい思いをするかもしれないけれど、
それでも見守れたらいいね。
 
 
そのクライアントさんは小さいころから「気が利かない・もっと気を利かしなさい」と言われて育てられました。
気を利かそうと一生懸命でしたが、そうしようと思えば思うほど緊張して、結局相手のことも自分のこともよく観えないようになりました。
自分のことはさておき相手の様子をうかがうようになりました。相手が気に入ることが、その人にとっての正解になりました。
 
 
自律というのは、相手と自分が違うとわかっていることであり、お互いを尊重している状態のことですね。
 
 
見守るってなんだろう?
私は、それを知らない。
知らなかった・・・。
 
 
放っておかれたくないのは
構ってほしかったのは
わたし自身だった!
 
 
心理セラピーで、
そのクライアントさんが自分のことを感じた瞬間でした。
 
 
相手のことを放っておけないと感じて世話をやくことで、
実は自分が構ってほしい気持ちを満たそうとしていたんですね。
 
 
 
誰かがいてそうなる
何かがあってそうなる
って、大抵は考えてしまいます。
 
誰かや何かは、自分を知るきっかけです。
大抵は、自分の中に答えがあります。
 
 
 
 
 
 
 

ついてない ついてる

ずいぶん前にセッションを受けた方が再びいらっしゃいました。
「前回のセッションでいいことばかり起こるようになりついてるなぁと思っていたら、この頃そうでもないんです。
それでまた来ました。」って。
 
そうでした。前回はとても落ち込んでいらして帰りは意気揚々とお帰りになったのでしたね~。
 
ところで、
ついてる人って、悪いことは起こってないのかしら?
 
みなさんは、どう思われます?
 
 
今起きていることはただの事実。
悪いことだ、よいことだと意味をつけているのは だあれ?。
 
近頃おきている悪いことが、よいきっかけになって一段と飛躍できるといいですね~。
 
 
 
物事に意味をつけてしまうのは当たり前です。
つけ方にもし偏りやこだわりがありすぎたら、心理セラピーでほぐしていきます。
シータヒーリングは、心の変容にとても効果的です。
 
 
「よいことがおこりますように~」て、なんて受身だったのかしら!!
ってクライアントさんがおっしゃいました。
 
何かが変わりましたね~。
 
ご自分でご自分を創っていきましょうね~。
煌野華子はお手伝いさせていただきます。
 
女性専用の心理セラピーです。
心理分析にシータヒーリングをとりいれて、クライアントさんにそったオーダーメイドな心理セラピーです。
 
一人で悩まず、安心してお話しください。
 

セラピーでお話しいただくこと

20149717566.JPG
 
心のお悩みに関することを
自由にお話しください。
 
さて、この「自由に」ですが
これが意外とむつかしかったりします。
 
なぜむつかしいか、
これはあとでお話ししますね。
 
で、
なにを語っていただくかというと
結局
たとえばこんなことだったりします。
 
 
不平不満
言い訳
相手のせいにする
なにかのせいにする
愚痴
がっかりなこと
いらっとすること
悪口
噂話
批判
失望していること
あたまにきていること
許せないこと
こきおろしたいこと
ダメ出ししたいこと
仕返ししたいこと
おかしいと思っていること
わかってほしいこと
訴えたいこと
わからないこと
苦しいこと
悲しいこと
せつないこと
寂しいこと
 
その他とにかくいやな感じや思いや考え 
などなど
 
まずは
それを話してください。
 
出すのが先です。
そして
だんだんと
自分で自分に気がついていきますから。
自分を感じることができるようになりますから。
 
なぜそう思うのか・考えるのか
その元になったことや原因やきっかけについては
そのあとなんです。
 
 
あ、そうでしたね。
自由に話すのがむつかしいということ。
なぜそうなるかについては
いくつかわけがあります。
 
・ひとつめ 心のブレーキ
 
上記のなかで
話すことに抵抗を感じるものありましたか?
もちろん、どれも誰にでも話せるものではないかもしれませんが。
 
そんなこと言ってはいけません
って
言われませんでした?
そして、
そう思っていません?
 
それで、心のブレーキがかかってしまって
そんなことを思う自分にダメ出しまでしたりして
制限かかりまくりで
自由に言えなくなってしまうんですね。
 
・ふたつめ 心をまもるしくみ
 
感じるととても苦しい・つらいものから
自分の心を守る仕組みがあります。
これは無意識に働くしくみです。
防衛反応と言います。
だからいつのまにか話すことを抑えてしまうんですね。
 
・みっつめ 言葉にする習慣がない
 
今までの環境やまわりのひとの影響などで
話すということがうまくできないこともあります。
 
・よっつめ そんな気にならない
 
そういうこともあるでしょう。
セラピーでは、
無理やり言う必要はありません。
言葉に出せることを
お話しください。
 
大丈夫
だんだんと
言葉になってきます。 
 
するとどうなるか?
自分へのダメ出しが減って、
言えるようになっただけ心が強くなっています。
 
そこが
ただの会話ではないんですね。
心理セラピーですから。
 

 

本当の願いに向かうセラピー

クライアントさんの最初の主訴が、話をするうちに変わってくるということはよくあります。
 
在る方は人間関係で悩んでいらっしゃいました。
相手の方とうまく付きあえるようになりたいとのことでした。
 
 
 
 
お話しを続けるうちに、
「抜け出したい」とおっしゃいました。
 
それを口にしたとき、
その目は未来に向いていたように感じました。
 
 
 
 
「相手の方とうまくつきあいたい」のは持ちながらも
さらに、
ご自身についての望みを口にされました。
 
 
 
 
 
 
「私は変われるでしょうか?」と言いました。
 
「変わりたいのですか?どんなふうに?」と私。
 
 
 
「体調がよくなって就職したいです。」ときっぱりとおっしゃいました。
 
 
そうですか・・・・・
(では、そこへ向かって寄り添っていきますね。)
 
 
他人から目線でなく、
すこしづつ、
ご自身を世界の中心にもっていきましょう。
 
 
心理セラピーは、そんなお手伝いをします。
 

自分を大切にするってわからない

 

201481222113.JPG「自分を大切にするってわからない」

そうおっしゃるクライアントさんは多いです。

 
自分のことばかり考えるとわがままになってだめだし、
相手のことを思いやりなさいっていわれるけど、疲れるし・・・。
と、おっしゃる方もいます。
 
では、自分ってどこから自分?
他人との境目はどこですか?
「自分」 って 何?
 
 
大切 って 何?
 
 
「自分」と「大切」
このふたつの言葉って結構深いと思いません?
 
よかったらあなたも
心の中の言葉を集めて
語ってみてください。
 
続きは、また次回に・・・・。