ホーム>コンテンツ>3つのストレスサイン
コンテンツ

3つのストレスサイン

ストレスは職場・学校での人間関係をはじめ、家庭環境、恋愛問題など様々な場面で発生します。蓄積されたストレスによって、うつ病・パニック障害・社会不安障害などを引き起こすケースもよく聞かれます。

3つのストレスサイン

ストレスは警告期・反発期・疲憊期の3段階で悪化していきます。

1段階

ストレスの中でも軽い状態の警告期は、ほとんどの方が無自覚な段階です。自覚はないものの、イライラや肩こり、疲労感、物忘れが増える、体調が悪いといった小さなサインが現れています。これらの症状はストレスが解消することで回復しますが、ストレスが解消されずにいると悪化していきます。

2段階

反発期はストレスを自覚し、「ストレスに負けない」心と体がストレスに反発・抵抗しようとする段階です。そのため興奮や脱力感に陥りやすく、胃痛や心拍数の上昇、血圧の異常、仕事を抱え込むといった症状が見られます。ストレスを自覚していますが、「病気になるはずがない」と思っている方が多い段階でもあります。

3段階

疲憊期は疲労困憊と同じ意味を持つ時期で、自分の力ではどうにもできない深刻な段階です。集中力がなくなり、不安感や物忘れがさらに激しくなる、睡眠障害や食欲不振、ストレス性胃腸炎、高血圧など、精神的・身体的な症状が多く現れます。疲憊期から脱却するためには、専門医などプロのサポートが必要不可欠となってきます。心と体のバランスを取るためにも、早めにストレスサインに気づき、対策を行うことが大切です。

サロン・ド・ジェイドは女性専用の心理セラピーサロンです。心理分析にヴァイアナのシータヒーリングとレイキヒーリングを組み合わせた、オーダーメイドのカウンセリングを行います。夫婦の悩みや子育て・育児の悩み、人生を変えたい、悩みが分からないなど、心の内に秘めた思いをカウンセリングですっきりさせましょう。神奈川県座間市や近隣の町田市、東京都内で心理カウンセリングをお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。町田、相模原、相模大野などからはアクセスも便利です。