ホーム>職場の人間関係

職場の人間関係

あいつがいやでいやでたまらない

考えると怒りでいっぱいになって
この気持ちなんとかしたい!
 
そんなにその人のことがいやですか。
あなた以外にもみんながその人のことを嫌っているって?
 
そうでしたか、
そんなにその人はいやな人ですか・・・・。
 
それはつらいですね。
つい、その人のことをあれこれ考えていませんか?
あいつは何であんなことを言う(する)んだろう?とか。
あいつはこんなことをこんなふうに言って(して)おかしい!とか。
無責任だとか。子供っぽいとか。嫌味っぽいとか。
そんなエピソードは事欠かないかもしれませんね。
これを話して聞いてもらって共感してもらうのも、
すっきりするかもしれませんね。
 
けれど、言えば言うほどますますイライラするかもしれません。
 
そんな時は、相手を主語にするのではなくて、あなたご自身を主語にして
あなたの心を感じてくださいな。
 
いやな気持ちをしっかりと味わってほしいのです。
自分を感じてほしいのです。
 
そのいやな感じは、どんな時にどんなふうに感じていますか?
「私は、~なときに ~を ~と感じた」とかね。
 
相手のことを考えるのでなくて
自分のことを感じるのですね。
 
心の癖や思考パターンに気づくかもしれません。
無意識に「いつもの」感じに捉われているのかもしれませんよ。
 
自分の気持ちをコントロールしたければ、
自分の気持ちを知ることから、ですね。
 
 
あまりに気持ちがつらいときは
ご相談ください。
心理セラピーであなたのお話をお聞きします。
心の癖や思考パターンに気づくお手伝いをします。
その下に隠れている観念・思い込みも解放していきますね。
 

職場の人間関係でお悩みのあなたへ

職場の人間関係の悩み1

一般的に、人間関係では距離感を大切にしましょうとお伝えしています。
心地よい人には近くに、心地悪い人とは遠くに。

 

けれど、職場でのこととなると
そうそう簡単には辞められないし避けられないし、
毎日のことだったりして、悩みは大きいですね。
つらいですね。

失礼なことをされる。
無視される。
威圧的な態度をされる。
テンポが合わない。
などなど・・・・。

 

それって、
相手の人は、あなたに自分のコンプレックスを感じているのかもしれませんよ。
もしそうだとしたら、あなたがいいとか悪いとかじゃないんですね。
相手の人の内面の問題です。

で、コンプレックスを感じているその相手の人はかってに辛がっているわけです。
だからそれをなんとかしたくていろいろな反応をします。
きつい言い方をしてあなたより優位に立とうとしたり、
あなたを無視してみたり、
あなたからみたら非常識な態度をとってみたり。

 

ここで是非知っていただきたいのは、
必ずしも意地悪したくてやっているのではないということです。
あなたを嫌っているわけでもないんです。
まあ必死で自分を守っているわけです。

防衛反応って言います。
大抵、コンプレックスだなんて思ってもないし無意識ですけれどね。
相手の人にしてみれば、これが精いっぱいなんですね。

だから、
そんな相手にエネルギーを消耗しないで、
仕方ないなあって、気にしないでいられるといいのだけど。

 

 

職場の人間関係の悩み2

そんなことできたら
悩んだりしないですって?

 

確かに・・・・。

人はみんな、周りの人を鏡にして自分を見てるって知ってます?
そうなんです。
相手を見ているようで、実は自分を見てるんです。

 

じゃあ、
あなたはその相手の人を鏡にして、自分の何を見ているのでしょう?

何かイヤだなあ、イラッとするなあ、と感じるとしたら
それはあなたの中のコンプレックスに反応しているのかもしれません。
イヤなことをされた時に、あなたはそれをどんな風に捉えましたか?

たとえば
私のこと嫌っているのかしらって、思ったあなたへ
周りの人にどう思われているかで、判断したり行動したりする癖がありませんか?

たとえば
私、何か悪いことしたのかしらって、思ったあなたへ
何事も自分に原因があるかもと疑う癖がありませんか?

これらは、その奥にどんなコンプレックスを抱えているのでしょうね。

 

あなたご自身も、相手の人も責めないでくださいな。
それぞれに精いっぱいなんですから。
責める相手はどこにもいないって知ってくださいな。

責めているとそれが相手にいやな感じで伝わってしまいます。
それって残念。

 

 

職場の人間関係の悩み3

とはいえ、
気にするなと言われても状況や程度にもよりますよね。
どうやって自分を守りましょうか?
その方法を知恵といいます。

あなたには、どれくらいの知恵がありますか?
もちろん、ひとりで全部頑張らなくてもいいですよ。
誰かに助けを求めるのもありですね。
それも含めて知恵ですね。

イヤだなあ、イラッとするなあと感じた時は
自分のコンプレックスを知るチャンスですよ。
じっくりと味わってくださいな。

 

でもね、すごく苦しいときは
よかったらお話ししてくださいな。
コンプレックスを解消するお手伝いをさせてくださいな。
どうしたらいいか、あなたが気づくお手伝いをさせてくださいな。

そして、
どんなにコンプレックスを持った人が現れようとも
引きずられないで自分を生かして、職場で働けるようになったらいいですね。

 

ひとりで悩まないでくださいね。

あなたの心のまんなかに微笑みがありますように。