ホーム>プロフィール

プロフィール

セラピスト煌野華子(おうのはなこ)

煌野華子 Hanako Ouno  心理セラピスト セミナー講師                      

セラピスト煌野華子(おうのはなこ) プロフィール  
1959年
(S.34)
福岡県に生まれる
1985年
(S.60)
結婚のちに二児の母親になる
2002年
(H.14)
立木歩実先生と出会う(立木歩実先生のHPはこちら)
2008年
(H.20)
  • インテグレーター講座受講開始(精神分析理論を学ぶ)
  • レイキヒーリング、サード取得 出張セラピー開始
2009年
(H.21)

ヴァイアナのシータヒーリング®基礎・応用プラクティショナー取得

2010年
(H.22)
  • マスター心コンシェルジュ取得
  • あづまやすし氏「癒しのセラピスト養成講座」修了
  • ヴァイアナのシータヒーリング®基礎・応用インストラクター取得
  • ヴァイアナのシータヒーリング®豊かさと願いの実現インストラクター取得
  • シータヒーリング館メンバーに
2011年
(H.23)
  • 潜在意識カウンセラー®認定
  • 日本交流分析協会会員 交流分析士

   交流分析士 認知行動療法士 NLPプラクティショナー 

   ヴァイアナのシータヒーリング® レイキ エンゼルライトヒーリング

 

煌野華子、ヒーリングへ・・・ その流れと想い

私がヒーリング・セラピーをするようになるまでのお話を長くなりますが、もしよかったらきいていただけますか?

 

あれは、2000年頃
その頃の私は、心がすっかり疲れきっていました。救ってほしいというより、自分には救われる価値もないと思っていました。偶然がいくつも重なって友人から一人のセラピストを紹介されました。
立木歩実先生です。今振り返っても、
不思議な幸運な出会いでした。
「ラカン」「フロイト」
の心理学をもとに心理分析をして
会話で心を救うお仕事をされている方でした。「インテグレーター」と名乗っていました。
http://tokyo-mtl.com/

 

自然

 

いきいきと生きがいのまんなかで仕事をしている立木歩実先生をみて「いいな」と思いました。

 

この先生の言葉はピントをはずさず鋭いものでしたがいつも受け身でした。いつも私からの発信が先でした。

私の言葉を、やんわりと受け止めて「いいわよ」、「大丈夫」と返してくださいました。

そそ、
はじめてお会いした時

「とにかくこれから
もっと幸せになれますよ」

と言われました。

「これからもっと人間になりますよ」
とも言われました。

「もっと人間?」

「そう」

「人間の言葉がわかる人
人間の言葉を受け止められる人
言葉をきちんと使える人
心を言葉であらわせられる人」

「言葉は、人間であることのあかし、特権でしょ」

立木歩実先生は
いつも変わらずにいてくれました。

私が試すようなことを言っても
素直でいても
困った顔をしても
嬉しい顔をしても
饒舌でも寡黙でも
元気があってもなくても
絶望していても希望を持っていても…

変わらず接してくださいました。

そうされることで

共感されることを知り、

どんな私でも受け入れられる感じを体感出来て
受容されることを知り
ありのままでいる自分をもっともっと知りたい
それでもいいかもしれないと思えるようになりました。

それは幼かったころに
本当は感じさせてもらいたかった
安心感だったかもしれません。

繰り返し繰り返し

「自分を自分の世界の中心におきましょう」
と言われました。

「常識や他人などを中心において
いい人になろうとしないで」
と言われました。

「先に感謝ありきではありません。」
と言われました。

_______________

セラピストは、セラピーをしている時は
クライアント様を映し出す
真っ白なスクリーンのようでいて
ひたすら寄り添う存在でいること

そうして

クライアント様を否定するもととなったものを
会話から分析して探り出し
否定させられただけだということに気づいてもらう
その気づきを、実生活でいかせるようなお手伝いをする

その人生は、その人だけにしか生きられない
その人生の主人公は、その人であり
その人生は、すべてその人によりで創り上げることができる

いつからでも
その人の人生はその人のために新しく創造できる

心をすなおに

その時に 言葉で 表現できる人になりましょう

他人の言葉を言葉のままにきちんと受け止められる人になりましょう

真のコミュニケーションができるひとになりましょう

体だけでしか 表せないものになってしまって
たとえば 病気になるしか 苦しい気持ちをあらわせない者でいることは
もう やめましょう

あなたにとって
大事な人は だあれ?

・・・ そう あなた自身

あなたの世界の中心に あなた自身を据えましょう
あなたのままでいいのです

・・・私のままでいたら
私の中には いやなもの醜いものがうようよといるので
私はとんでもなく醜くていやなものになってしまいます。

いいえ あなたのままでいると どうなるかしら?

素直になるでしょ 楽になるでしょ
そうしたら いやな顔なんかできなくなるでしょ

自分のことがいとしくなり大事になり

自分につながるすべての人が大事になり・・・。

そのままが 一番

素直なあなたでいたら
あなたにぴったりなひとが集まってきて
よい出会いにめぐまれて
よいパートナーにも恵まれて
あなたにちょうどいい人がやってくる

あなたは心を魂を成長させましょう
そのレベルに応じた人がやってくるのだから

_______________

自然

そんなことを学びつつ
私自身が満たされていきました。

あるとき

自分を肯定している私がいました。
立木歩実先生に言いました。

「 ただただ、感謝です 」

と。

「それは、あなたががんばったからです」
「あなたが、あなたの人生を生きようと覚悟できたからです」

「感謝なんて、必要ないでしょ」

「いいえ!」
「だから言わせてください」

「今ならわかります」

「感謝は、すべきものではなくて
あふれてくるものですね」

「ありがとうございます」
「私、幸せです」

と申し上げました。

「いつも『大丈夫、大丈夫』と言い続けられるのは
なぜですか?」

と立木歩実先生にお聞きしましたら

「それはね、理論があるからよ」
「大丈夫に決まっているからよ」

とおっしゃるので
その理論とやらを学びたいと思いました。

そのうちに
「私も実はセラピーをしたい」
と思っていることに気がつきました。

心から解放できる喜びを
1人でも多くの人に知ってもらいたいと感じていました。

幼いころの疑問

「私はなぜ私なんだろう?」
その答えが、見つかったように感じていました。

「だって、私は私でしかないのだから!」
「そのままでいることを許された存在なのだから!」
それを子供時代に伝えてもらえなかった人たちに伝えたい!

ありのままでいいのです。

ありのままの自分は
潜在意識にもぐりやすくて
(だって、とっても大事なものだから
核心だから、壊さないように
傷つけないようにするためだったら
記憶をなくしてでも意識できないようにしてでも
守ろうとする働きがあるから)
なかなか、意識できないので

そのお手伝いをしたいのです。

プロとして
いつだって同じ態度でお話しを聞いて
そして、
母のように ただ受け止めて安心してもらい

「あなたがあなた自身の人生の主人公になれる」
そんなお手伝いをしたいのです。

いつからだって、誰だって
「自分をありのままでいられるように創造することはできる」
とお伝えしたいのです。

「なぜ、そう思うようになったのですか?」
と聞かれても

「ありのままの自分でいいのだと思えたから」
としかお答えできないのですけれど。

そうして
セラピストとしてスタートしました。

心と体は表裏一体、
「両方を癒せるなにかが欲しい」
と思うようになりました。

会話による癒しだけだと
時間がかかり、あなたの負担も長く大きいです。
心が癒える前に
体にダメージがきてしまう可能性もあります。
体にダメージがあると、
心は元気ではいられません。

すると…

「レイキ」というものに出会いました。

もともと、手のひらから
温かいものを感じていて
それが何かを知りたいとも思っていて
レイキで何かわかるかもしれないと思いました。

レイキは、脳波をアルファー波にして
温かさを感じさせたり、リラックスを与えてくれる
優れたヒーリングです。

さらに、
「ヴァイアナのシータヒーリング®」に出会いました。

ヴァイアナのシータヒーリング®は
ヒーリングしているヒーラーの脳波を計測したら
シータ波になっていたことから
その名がつけられました。

深いシータ波になると
顕在意識と潜在意識の疎通がおこり
直感力がアップして
想いは現実化して
さまざまな癒しがおこります。

立木歩実先生に教えていただいたインテグレーターカウンセラーとしての基本を忘れずに、…
ある時は
お話しを聞くことをじっくりとしてヒーリングしたり
直感力を発揮しながら
癒しのヒーリングをしたり…
と様々に臨機応変な
煌野華子の
セラピータイムとなりました。

ヒーリング

クライアント様に暗い部分・つらい部分を
見たとしても、
その中に
必ず光・希望もみえています。

かならずどの方にも
光と影
相反するものがあるのです。
両方とも必要なのです。

陰と陽
ネガティブなものとポジティブなもの
嬉しい気持ちと悲しい気持ち
相反するものが両方備わっているのが人間です。

マイナスに思える思いこみを
見つめて認めて解放して、
プラスに変えていきます。

そうして、
あなたが、丸ごとのあなたを愛することができるようになるよう
お手伝いいたします。

もちろん、効果があるかどうかは個人差がありますし
やってみなければわからないことですが
最大限にその可能性を引き出すお手伝いをさせていただく覚悟でおります。